永代供養はいつごろ行うものなのか

バナー

永代供養はいつごろ行うものなのか

永代供養のそもそもの意味は寺院が永代にわたって供養を行うというもので、檀家制度が確立した江戸時代にはその言葉が使用されていたようです。
家の存在がしっかりしていた時期であればお墓を見る人も決まっていましたので、ある程度年数を置いてから永代供養をし、永代供養を行った後でもお墓参りや節目節目の法要などで故人を思えばよいとされていました。

wikipedia情報を簡単に調べられます。

元来30年目50年目あたりの良い日に永代供養を行うということがほとんどでした。

しかし今では生前から永代供養を望む声も高まり、実際にその選択を行う人も増加傾向にあります。


その背景には核家族化や少子化の問題があり、他者に迷惑をかけることを嫌ったり、無縁仏となってしまうことを避ける意味合いが強くなりました。現在は合同祭祀という形でお寺や墓園業者が永代的な供養を約束する契約の形が支持されています。
ただし何十年も先のことを保証することが、果たして今の時代で可能なのかといった問題があります。そのため契約書の中には100年を一区切りとしていたりと、ある程度の期間を設けているものもあります。

その点は確認する必要があります。



また信頼できる業者でなければ、思っていた以上に早く破たんしてしまうかもしれません。

良心的な業者であれば、その時に際しどのような処置を取るのかも明記しています。

場所やコンセプトが自分の希望にあっているということ以外にも、どのような業者であるのかを見極めることも不可欠です。