効率的なコウモリ撃退法

subpage01

コウモリは環境への適用能力が非常に高い動物なので、幅広い地域に生息しています。

一度建物に住みついてしまうと繁殖力も高いので、大量発生してしまう可能性があるので少しでも早く対処する事が大切です。



住みつかれる事で起きる被害には糞や尿による異臭や建物の劣化の他にも感染症を建物内に持ち込まれる事が挙げられます。


コウモリの撃退は業者に依頼する方法もありますが、自分で行う方法もあります。

コウモリは鳥獣保護法によって保護されている動物なので、直接危害を加えたり捕獲するようなコウモリ撃退法は基本的にしてはいけません。
その為コウモリ撃退法はコウモリを追い出す方法になります。

市販で販売されている駆除用品として主な物はスプレー状の忌避剤やジェル状の忌避剤です。
コウモリが主に住処にしている場所に撒く事で効果を発揮するので、まずは出入りしている場所を特定すると良いです。



自分でできるコウモリ撃退法をいくつか試して効果がなかったり、追い払おうとした事で危険を感じる場合は自分で対処するのを中止して専門の駆除業者に依頼するべきです。
追い払おうとする事でコウモリに攻撃されると牙によって外傷を負わされるリスクがあるだけではなく、噛まれる事で感染症に感染するリスクもあるので無理に自分で対処するのは危険です。
業者を選ぶ時は特定の業者だけに相談せずにいくつの業者に連絡を取って相談して料金などの条件を比較して利用する業者を選ぶと良いです。