安心の永代供養墓を選ぶ

バナー

安心の永代供養墓を選ぶ

永代供養墓とは子孫の代わりに寺院や霊園が、お墓の管理や供養を永代に亘って代行してくれるお墓の事です。
子孫のいない人や、子孫がいても負担をかけたくない人にとっては好都合なお墓と言えるでしょう。



また、先祖代々のお墓があっても、その管理や供養が途切れてしまいそうなお墓を、永代供養墓の方へ改葬する人も増えているようです。

高齢化、核家族化、少子化が進行した現代では益々需要が多くなるお墓と言えるでしょう。

基本的には合祀墓で、他の人のお骨と一緒になり、後から個別にお骨を取り出す事は出来なくなりますが、一定期間は納骨棚などに個別の骨壺で安置した後合祀するところや、最初に分骨しておいて一部を永代に亘って個別に供養し、残りを合祀するところ、最初から個別のお墓に納骨して永代供養墓として管理してくれるところなどさまざまです。

納得する内容のところを探してみるのが良いでしょう。屋外の永代供養墓では普通、地下や半地下に納骨棚を作り、その上に仏像や仏塔、その他モニュメントを配して礼拝場所の横などに、納骨者の記録を墓誌に刻字したものを置いたスタイルが一般的なようです。

屋内型では、納骨堂と礼拝所などの施設が一緒になったもので、都会ではビル内にまとめられて交通の便なども良くて人気の高い所も多いようです。供養は合同で、年に3回程度無料で行われる所が多いようで、中には毎日行う寺院もあるようです。

新しいwikipediaの知識を持つことが重要です。

寺院や霊園が存続する限り、毎年供養してもらえるので安心ですね。