樹木葬という選択肢のひとつ

バナー

樹木葬という選択肢のひとつ

近年、核家族化が進み、供養の仕方も小規模化していく傾向にあります。
お葬儀は家族葬というかたちで、親しい身内だけの少人数で済ませたり、手元供養というかたちで仏壇を置かない家庭もあることでしょう。


お盆やお彼岸などのお墓参りをしたいという気持ちは家族みなさんが思うことです。

しかし、墓地で権利を購入し墓石を建てると、維持していくのに手間がかかります。

読売新聞情報サイトを使用する機会が増えています。

お墓の掃除やお供え物やお花の用意など、することは山ほどあることでしょう。

そんな中、昨今増えているのが樹木葬と呼ばれる埋葬方法です。

霊園の敷地や自然の山などへ木や草花を植え、その下に骨を埋葬する方法ですが、自然へと還ることのできるという理由で選ばれる方が非常に増えている埋葬方法です。

神奈川の樹木葬をしたいと言う願いにお答えするサイトです。

樹木葬も個別に埋葬する方法や、複数人の遺骨を同じ区画に埋葬するなど、色々種類があります。

我が家には娘しかいないしその娘も嫁いだ、あるいは子供に恵まれなかったので夫婦二人でひっそりとお祀りしたい、といった要望に応えるのが樹木葬です。
樹木葬はお墓の跡継ぎや管理の心配がいらないので、霊園や墓地側が管理を行ってくれます。



また、墓石が必要ではないため、大きく費用を抑えることが出来ます。


浮いた分のお金は、残された方が生前の趣味に回したり、あるいは仏壇などに回したりできるので合理的な判断といえます。

故人や親族の意思に沿ったうえであれば、非常に有意義な埋葬方法なので、これからは樹木葬を選択される方が増加していくことでしょう。